お知らせNews

2022.07.19日本文理大学附属高校女子ソフトボール部に助成金を贈呈しました

高校女子ソフトボール部が第70回大分県高等学校総合体育大会ソフトボール競技にて創部4年目で初優勝を果たし、8月に行われる全国大会に出場いたします。


文理学園校友会 菅 貞淑会長より「初めての全国大会で緊張感があるかと思いますが、自分の実力、普段やっていること、自分の得意なことを出してきてください。暑くて大変だとは思いますが、頑張ってください」と激励の言葉とともに文理学園校友会より、助成金が送られました。


ソフトボール部山中主将からは「創部して初めて全国大会をとても嬉しく思っています。今までたくさん練習してきたので全国大会の場で自分たちのやってきたこと全力で出せるよう頑張ります。今まで支えて下さった方々への感謝を忘れず一生懸命プレーしてきます。」と力強く語って頂きました。

また、宝珠山監督からは「創部以来目標であった全国大会の舞台にやっと立つことができます。これも一生懸命頑張ってきた選手はもちろんですが、周りの方々のご協力のおかげです。全国大会では日本文理大学附属高校女子ソフトボール部の伝統の一歩として恥じない試合が出来るよう大会まで精進いたします。なかなか思うような結果は出ないもしれませんが、最後まであきらめず初戦突破目指して頑張ります。」と全国大会に向けての抱負をいただきました。


皆様、ご声援よろしくお願いいたします。

一覧に戻る